シミはレーザーや医薬品で即治療〜素肌美人なり隊

肌を綺麗に保つために

注射器

紫外線対策が重要

しわやたるみは、肌を支えている保水力が失われることで起こります。そのため、しわやたるみを予防するためには保水力を保つ努力をすることが大切です。その努力の一つが紫外線対策となります。紫外線は肌に当たると活性酸素を発生してしまい、それが周辺の細胞やポリマ―分子に悪影響を与えてしまうのです。保水力というのはヒアルロン酸やコラーゲンと言ったポリマー分子の存在が大きく関わっていますが、活性酸素はそれを細かく分解してしまいます。そのため、しわやたるみの予防には紫外線対策が必要というわけです。しかし、すでにしわやたるみが出来てしまうと、紫外線対策をとっても治ることはありません。もしも早急に治したいのならば、美容整形を利用するのが良いです。

ヒアルロン酸で治す

しわやたるみはポリマー分子が失われることで起こります。つまり、それらを治すためにはポリマー分子を美容整形で補充してあげればいいわけです。その方法の一つがヒアルロン酸注入となります。ヒアルロン酸もポリマー分子の一種であり、ゲル状の性質を持っているため注射器に肌に注入することが可能なのです。しかも、ヒアルロン酸は人体に存在する成分であるため、アレルギー反応を起こしにくく安心して利用できます。このヒアルロン酸注入によって、肌を支えるポリマー分子が増えることでしわやたるみがなくなってしまいます。このヒアルロン酸注入は医療機関(主に整形外科)でしか施術できないため、利用したい人は最寄りの美容整形外科に相談してみると良いでしょう。