シミはレーザーや医薬品で即治療〜素肌美人なり隊

紫外線は大敵

女医

シミひとつないきれいな肌は、女性にとっての憧れです。しかし、気を付けているつもりでもいつのまにかできているのがシミなのです。自力で改善するためには、内側からと外側からの両方からしっかりとケアしてあげることが大切です。また、できてしまったものを今以上に濃くしないためにも、UVケアは徹底して行いましょう。さらに年代によってシミの原因は少しずつ異なりますので、原因に合わせたシミ対策が必要です。20代でできるのは、老人性色素斑や炎症性色素沈着が多いです。特に色白の女性は老人性色素斑ができやすいと言われていますので、早めの対策が必要です。これらのシミには、UVケアの徹底と規則正しい生活を心がけることが予防になります。30代になるとこれまで浴びてきた紫外線などによるダメージが現れやすくなり肝斑やそばかす、ADMといった種類のシミも出てくるようになります。基礎代謝を上げて、ターンオーバーを促すことが対策として有効です。40代、50代になると肌のコラーゲンが減少し始めて、乾燥によるターンオーバーの乱れが起こりやすくなります。保湿に今まで以上に力を入れることで、ターンオーバーを正常に保つことが大切です。またどの年代でも、できてしまったシミの対策には美容クリニックでの治療がおすすめです。老人性色素斑に効果が高いレーザー治療や、幅広い肌トラブルに効くフォトフェイシャルが治療に向いているでしょう。また、市販の美白化粧品よりも強い美白効果を持つ成分の外用薬や内服薬による治療もあります。レーザーなどによる治療と薬剤による治療を組み合わせると、さらに高い効果が期待できるのです。