シミはレーザーや医薬品で即治療〜素肌美人なり隊

種類で異なる治療

婦人

シミで悩んでいる方は多いでしょうが、シミと一言で言っても様々な種類が存在しています。シミを消すという場合はどのような種類があってどういった治療を行ったら良いのかをしっかりと認識することが重要になってくるでしょう。シミの中でも最も代表的な種類に老人性色素斑があります。老人性色素斑は名前の通り歳をとることでメラニンの絶対量が増えてしまい、シミが増えてしまうという状況です。老人性色素斑はメラニン色素が増える場所、日常生活で最も紫外線があたってしまう目の下辺りに多く発生してしまいます。そのためどうしても目立ってしまい、コンプレックスになってしまうこともあります。老人性色素斑を消すためにはまず美白化粧品などで徐々に改善していくという事が大切で、完全に消すためにはレーザー治療やフォトフェイシャルなどを行っていきます。
老人性色素斑に次いで多いのが炎症性色素沈着です。炎症性色素沈着は何らかの炎症によって出来てしまったシミで、消すためにはピーリングや医薬品を用いた治療などを行います。この炎症性色素沈着が出来てしまう原因としてはニキビや擦り傷、また傷などで炎症が起こった際に残ってしまったシミで、レーザー治療などの外的治療よりも体の中から改善していく治療が適しているとされています。ビタミンCなどを主成分とする医薬品なども多く、こういった医薬品を用いて徐々に炎症部分を消していく、治癒していくという方法をとります。そのため治療にかかる時間は長く、基本的に中長期的に治療を続ける必要があります。肝斑は女性に起こるシミの1つで、原因は女性ホルモンのバランス崩れがあります。肝斑は基本的に発生しては消えていくという事を繰り返すもので、人によっては3ヶ月程度で完全に消えてしまう事も多いです。しかしながら女性ホルモンのバランスが慢性的に崩れてしまうと肝斑も消えづらくなり、結果としてシミになってしまいます。消す方法としてはピーリングが最も適していて、トラネキサム酸が配合された医薬品などを用いることもあります。肝斑の大きな特徴はレーザー治療などでは消すことが出来ないという点です。逆に悪化してしまうこともあり、安易に弄ってしまうと治療できないレベルになることもあります。肝斑が出来てしまう年齢は主に女性ホルモンのバランスが崩れてしまう40代後半以降とされています。40代になって急にシミが出来始めたというばあいは肝斑を疑うべきでしょう。クリニックにあたる時は婦人科でも良いでしょうし、美容皮膚科などでも対応することが可能です。